タグ別アーカイブ: 家紋

【大谷吉継】むかい蝶紋のロックグラス

新年初の作品、大谷吉継の家紋で有名なむかい蝶のロックグラスが出来ました!

大谷吉継といえば豊臣秀吉に「100万の軍勢を与えて、自由に軍配を指揮させてみたい」と言わせたほどの知将であり、石田三成との友情は有名な話です。

大谷吉継はハンセン病だったとされ、布の頭巾を常にかぶっていました。

ある茶会で吉継の口をつけた湯呑から病気がうつるのでは?と皆、口をつけるふりをしていましたが三成だけはそのお茶を全て飲み干し、それ以来友情が生まれたという話があります。

優れた武将であった吉継は今のままでは徳川家康に勝てないと石田三成に忠告しますが、石田三成もまた忠義の男であり、豊臣家に仇なす徳川を許せず関ケ原の合戦に突入してしまいます。

関ケ原最大のターニングポイントは西軍小早川 秀秋の裏切りであったとされますが大谷吉継はこの裏切りも読んでおり、すぐ近くに布陣していました。

結局数で押され敗北した西軍ですが、友の為に命をなげうち戦に参加した男の生きざまは後世に伝わっています。

むかい蝶の名の通り、二匹の蝶が向かい合った家紋です!

目がなんとも可愛らしいですね

蝶紋は元々平氏の代表紋ですが、幼虫からサナギ、成虫と成長していく様から不死・不滅の象徴とされてきました。

また向かい合う蝶は和合の象徴とされています。

幸せを運ぶ動物と海神の体現 夕波兎紋のロックグラス

「月には兎がいる」聞き覚えのある方も多いのではないでしょうか?

昔から日本では兎は月から幸せを運んでくる使者という説もあります。今回は波と兎を組み合わせた夕波兎紋を彫刻しました!

波が細かく一苦労でした・・・。

 

周りに砂が当たらないように養生して・・・。

 

出来上がり!

可愛らしさと猛々しさを備えた家紋ですね!

海に関係する方へのギフトにもおすすめです。

坂本龍馬の家紋「組合角に桔梗紋」のロックグラス

日本人で名前を知らないものはいないといっても過言ではない人物です。

尊敬する偉人ランキングでも常に上位にランクインしています。

そんな坂本龍馬の家紋を彫刻しました。

坂本龍馬といえば明治維新の立役者であり、彼なしで薩長同盟はあり得なかったでしょう。

しかし、倒幕派にとっても邪魔な存在となった竜馬は敵味方双方から狙われるようになり、京都・近江屋で暗殺されてしまいます。

竜馬を暗殺した人物は京都見回り組の佐々木 只三郎といわれていますが真相は分かっていません。

数々の逸話や実績を残した竜馬は時代に縛られない発想の持ち主で、その人柄からも尊敬できる人物として挙げる人が多いのかもしれません。

サンドブラストで彫刻していますので薬品等は一切使用していません。

また全て手作業なので厳密には同じものがない一点物になります。

 

和道具玄粋

http://gensui-shop.net/shopdetail/000000001408/ct74/page1/order/

 

オリジナルロックグラス 三つ巴紋を彫刻しました!

二こ巴に続き三つ巴を彫刻しました!

s_img_0109

 

日本では水流を表しているとされ、火災除けとして蔵の瓦に掘ったり

神社などで多く使われているそうです。

 

また家紋で三つ巴を使っている家も多く、新撰組副長の土方歳三

元陸軍大将の阿南惟幾など多くの有名人の家紋になっています。

 

日本では水流として見ているようですが、中国では蛇と言われている

そうです。

たしかに蛇にも見えますね・・。むしろオタマジャクシ・・?

 

オンラインショップ 和道具玄粋で販売中です!!

s_img_0112

織田家の家紋をロックグラスに彫刻しました!

織田家の家紋である織田木瓜(五つ木瓜)をロックグラスに彫刻してみました!

織田の家紋は複数ありますがこの五つ木瓜が一番有名ではないでしょうか。

s_img_0055

織田信長といえば自分に逆らうものは容赦なく斬り捨てる恐怖の君主

というイメージがありますが、某メディアで開催された

”一緒に吞んでみたい偉人ランキング”で一位になったこともあります。

たしかにエピソードは怖いものばかりですが、戦国三英傑の中でも織田信長の

ファンは多く、その魅力は計り知れません。

s_img_0889

織田木瓜について、見た目から胡瓜の切り口かと思われがちですが

鳥の巣をデザインしたものと伝えられています。

また鳥の巣=子孫繁栄の思いが込められていて、めでたい紋とされています。